Q&A

body

夏場のランニングで、日焼けを防ぐ方法ってありますか?

日に焼けると、それだけで体力を消耗します。また、走っている上に日に焼けると、体温がどんどん上昇し、熱射病になる危険も高まります。美容面だけではなく健康面からも、きっちりと紫外線対策をして走りに行きましょう。

日差しの強い時期はできるだけ昼間の練習を避け、早朝や夕方に走ったり、木陰が続いているコースを選びましょう。日焼け止めを塗り、さらに帽子やタオル、サングラスなどで日除けの工夫を。最近は紫外線防止加工がされたウエアや帽子もたくさん出ているので、上手に利用したいですね。特にLSD(超長距離走)などで1日中紫外線を浴び続ける時は、首筋まで日除けがついた帽子などでしっかりカバーしましょう。日焼けをしてしまった、炎症をおさえるために、冷たいシャワーや水に浸したタオルなどで肌を冷やすことをおすすめします。

の他のQ&Aを見る