Q&A

body

体が硬くてストレッチがつらいです。タイムが伸びないのと体の硬さとはなにか関係があるのでしょうか?

体が硬いということは、関節などの可動域が狭いということです。言いかえれば、走り方に余裕がないということです。体の各パーツがスムースに動かないことから、ちまちましたフォームになりやすく、タイムも伸びていかないのです。おそらく、故障もしやすいのではないでしょうか?ですから、ランナーにとってストレッチでトレーニング前に体をほぐすことや、基本的な能力として柔軟度を維持することは重要です。

体が硬いなら、最初は簡単な前屈でもいいので、ストレッチを日常的に行うようにしましょう。つらいと感じる一歩手前で姿勢を30秒キープする、これを繰り返すうちに少しずつ柔軟性はアップしますよ。太モモを伸ばしたり、太モモを後ろに反らせるようなストレッチは特に効果的です。さらに、足裏を壁につけて前屈を行うと、脚の裏側全体がよく伸び、ランニングにとても有効です。

ランニングは“ゆとり”が大事!体が硬いと動きがぎこちなく、ペースも上がりません。

の他のQ&Aを見る