Q&A

body

ふくらはぎがけいれんしやすいのですが、原因として考えられるのは?

暑い時期は、熱中症でけいれんが起こることもありますが、ハードなトレーニングをしたときや、レースの後半でふくらはぎがけいれんしやすいのであれば、筋肉の疲労が大きな原因として考えられます。

なぜふくらはぎがけいれんしやすいのかというと、おそらくフォームに問題があるのでしょう。ランニングでは、太モモやふくらはぎの筋肉をまんべんなく使って走るのが理想ですが、太モモをうまく使えていない人が多くみられます。本来であれば、着地時にヒザが曲がり、次に太モモとふくらはぎを使って地面をキックします。つまり、地面を真下に押すようなイメージです。このときにふくらはぎの動きに重点を置きすぎると疲労がふくらはぎに集中してしまうことがあります。いわゆる“腰落ち走法”などはふくらはぎに負担を与える走りのひとつといえるでしょう。

質問された方の走り方を実際に見てみないとわかりませんが、もし走り方に原因があるのなら、まずはランニングフォームを改善することが必要となります。

それからもうひとつ。トレーニング前後のストレッチが足りていないことも考えられます。カカトを上げ下げしたり、つま先を持って脚の裏側を伸ばすなど、ふくらはぎをしっかりと伸ばすストレッチを念入りに行うといいですよ。

の他のQ&Aを見る