Q&A

body

走ってメタボ体型を改善したい!ヒザやカカトに負担がかからないフォームを教えてください。

メタボになるおもな原因は運動不足と食生活の乱れです。肥満を解消するには食生活を改善しましょうという話もありますが、それだけではなかなか改善しません。まずは食事内容を見直して栄養のバランスに気を遣いつつ、トレーニングに励みましょう。

しかし、ヒザや足首に負担がかからないフォームなど、あるはずもありません。たとえフォームに問題がないとしても、着地時、足には体重の約3倍もの衝撃がかかっているのです。体重が重ければ、おのずと衝撃も大きくなり、それを避けることはできません。

ただしランニングの技術と体力をつけることで、ヒザや足首へのダメージを減らすことはできます。ヒザや足首、カカトを動かしているのはその周りにある筋肉ですから、ヒザの動きと深い関わりのある筋肉、とくに太モモの筋力アップが痛みの防止につながるでしょう。たとえばスクワットやカカトの上げ下げ、足首回しなどが効果的です。そのうえで、フォームに気をつけて走るといいですよ。

また、足への衝撃を緩和するには、ウォーキングから始めるのが正解です。その際には大きい動作でゆったりと歩くことが大切。日
常生活のなかでも、大きな動きを意識して歩くといいでしょう。ウォーキングをしっかり行うと、ランニングに必要な基本動作が身につきます。肥満傾向にある人は、ウォーキングを継続することで無理なくランニングにシフトすることができます。ランニングは小さな動作でリズミカルに走ることで、とくにヒザに負担をかけずに走れると思います。

また、メタボ対策として運動と並行して食事制限を行う場合、過度な食事制限をすることは厳禁です。栄養不足の状態ではトレーニ
ングの効率が上がりません。それに、食事制限をしてもエネルギー消費の増大が期待できるわけではありません。食事は栄養のバランスに気をつけて、食事の量は極端に減らさないようにしましょう。

の他のQ&Aを見る