Q&A

body

足首やヒザよりも、腰が痛くなります。フォームに問題があるのでしょうか?

どこかが痛くなるということは、痛くなる箇所になんらかのストレスがかかっている証拠です。たとえばヒザが痛くなるのは、ヒザを曲げたときに、ヒザが内側に入ってしまうことが原因のひとつです。

腰が痛くなる場合は、ランニング中の姿勢に問題があり、骨盤が不自然にねじれることで腰にストレスがかかっていることが多いようです。一度、ランニング仲間にフォームを撮影してもらい、チェックしてみてはいかがでしょうか? 

チェックポイントは、地面に対して背骨が垂直に立っているかどうかです。前傾していたり、そり返っていると、腰に負担がかかりやすくなります。そして、背骨を支えている腹筋と背筋を日頃から鍛えたり、こまめにストレッチを行って柔軟性を高めておくことも大切です。

フォーム以外で考えられるのは、加齢によって椎間板の間隔が狭くなっているケースです。この場合も、腰が痛くなりやすいでしょう。定期的に整体を行って、チェックしてもらうのも方法です。

ヒザの痛みや腰痛は、ランナーにとっての天敵。普段からの予防策が大事です。

の他のQ&Aを見る