Q&A

body

冬のトレーニングやレースで発生しやすい体のトラブルを教えてください。

冬のランニングやレースで気をつけたいことは防寒・保温です。

人間の体は普段は36℃から37℃くらいに保たれていますが、寒さや風にさらされると、体温が下がってきます。もちろん、人間には体温調節機能が備わっているので、ある程度は大丈夫ですが限りがあります。よく、急に寒い場所に出ると体が震えますよね。こうした反応によって体温を一定に保とうとしているのです。

冬のレースは、スタート前に体が冷えてしまうことがよくあります。規模の大きい大都市マラソンではチェックインが済んでから9時前後のスタートまで相当な時間があるので寒いなかレースのウエアで過ごさないといけないですよね。あれははっきりいってツラいです。最悪の場合には、体温35℃以下の低体温症になってしまうことも……。また、ランニングをすると汗もたくさんかくので、汗が冷えることも原因になります。

低体温症にならないためには、待っている間にじっとしていないで、体を動かし続けることが大事ですよ。もともと冬は寒さで体が縮こまっているので、急に走り出すとケガにつながることもあります。そういった意味でもウォーミングアップをしっかり行ってくださいね。

また、急に天候が悪くなることもありますから、雨具にも防寒具にもなるようなウエアを携帯し、寒さを感じたらすぐに身につけるようにしましょう。

の他のQ&Aを見る