Q&A

body

大会に向けてのトレーニング中に、左ヒザが腸脛靭帯炎に。大会はなんとか完走しましたが、その後も痛みが続いています。今後、どのようなことに気をつけたらいいでしょうか?

腸脛靭帯炎とは、ヒザ関節の外側が痛くなる症状です。質問者の方は、整骨院で電気治療や鍼などの治療を受けた後、フルマラソンのレースに出場したということですね。その途中で痛みが出始めて、大会後も痛みが続いているとのこと。

筋肉痛などの痛みであれば、坂道を走ったくらいでも起こりますし、ほどなくして改善されます。同じところが何度も痛むということは、まずないでしょう。

しかし、骨や関節の痛みは要注意です。同じ箇所が何回も痛むのであれば、疲労によるものではないでしょう。鍼などの治療を受けたとありますが、レース時は完治していない状態だったと思われます。まずは整形外科に行き、今後の治療方針を相談しましょう。日常生活においても痛みが完全になくなるまで、練習は休みましょう。

痛みがなくなったら、まずは太モモのストレッチなどをするといったことからスタートし、徐々に練習を再開していきます。ヒザの外側に痛みが出るのは、太モモの筋肉が張っていることも原因になりますので、太モモをゆっくりとばして筋肉をほぐしていく、同時にスクワットの効果的です。O脚の人はヒザが内側に入りやすく、これも痛みが出る原因になりやすいといわれています。サポート性のあるシューズを選んだり、シューズに足底版(インソール)を入れるなどして、痛みが出にくい状況をつくっていきましょう。

ランニングをしていて、少しでも痛みが出るようなら、その時点でトレーニングは中止して病院に行ってください。完治を目指すには、自分自身の体と対話しながら、長い目で見ることが大切です。1年くらいはレースに出場することは考えずに練習したほうが、結果的にはステップアップにつながりますよ。

の他のQ&Aを見る