Q&A

body

軸がブレない走りとは、どんな走り方をいうのですか?

ランニングにおける体の軸とは、頭の先から骨盤まで、つまり上半身の姿勢です。走っているときに姿勢がまっすぐ保たれていることが、軸がブレない走りの第一の条件。さらに、骨盤が正しく動くことで、安定した走りになります。

では、どのようにすればそのような走りをマスターできるのでしょうか? 姿勢を支えているのは、おもに腹筋と背筋です。そのため、陸上競技の選手は常に腹筋と背筋を鍛えています。ランニング時の姿勢を維持するためには、走るだけではなく、筋トレも同時進行で行うのがベストなのです。なぜならランニング中は、一定の姿勢を保つためにさまざまな筋肉を使います。まっすぐ走っているだけのように見えても、地面に転がっている小石をよけたり、傾斜面を走ったりと、いろんなシチュエーションに遭遇しますよね。そうしたとっさの動きからすぐに姿勢をたて直すことを、無意識に繰り返しているのです。これが軸のブレない走りであり、体の前側(腹筋)と後ろ側(背筋)だけでなく、左右、斜めなど体幹全体を鍛えることが大切になってきます。

そしてもうひとつ、骨盤の動きを適正化するのはしっかりした腕振りです。二の腕を大きく後ろに引くと骨盤にひねりが加わるので、その動きに合わせて脚もしっかり踏み出すことができるのです。軸というと、直接的には上半身の姿勢ということになりますが、実際には姿勢、腕振り、骨盤の動き、脚運びまですべてが連動しており、それがきちんと機能したときに、はじめて軸のブレない走りになります。

の他のQ&Aを見る