Q&A

etc

フラット走法のメリットとは?市民ランナーがフラット走法を行っても大丈夫なのでしょうか?

フラット走法とは、足裏全体で着地する走法です。カカトから着地する走法とは違って、ヒザを曲げ伸ばしせずに走るため、筋力をあまり使わず、体の上下動も少ないのが特徴です。そのため、スピードアップが望めるとされています。

しかし、それだけに脚や腰への負担も大きいのです。じつはエリートランナーであっても、カカトから着地する選手が圧倒的に多いというのが実情です。

とはいえ、もともとフラット走法に近い走り方の人もいます。特に、痛みやケガに関する問題が発生していないのなら、無理に走法を変える必要はないでしょう。自分の走りやすい方法が一番だと思います。

ただ、あえてフラット走法に挑戦する必要はないと思います。市民ランナーの場合、走法が記録を左右するというレベルではないですからです。

ちなみに以前、知人がフラット走法に挑戦したところ、シューズの底の減り方がまったく変わったということがありました。それまではカカトの外側が減っていたのに、小指の外側部分が減るようになったのです。走法を変えると、今までとは違った部分が痛くなったりすることもあるので、注意が必要です。自分にもっとも合った走法で走ることがケガなく、長く走り続けられる秘訣といえるのではないでしょうか?

の他のQ&Aを見る