Q&A

gear

シューズの底がかなり磨り減ってきました。買い替えた方がいいですか?

買い替えの目安は、カカトの底(アウト・ソール)部分が磨り減って、内側のソール(ミッド・ソール)まで見えてきたら、と考えて下さい。それでも実際にはまだ履けるのですが、シューズの機能は100%保てなくなっています。特にカカトのサポート性が低下したまま走り続けると、足首やヒザなどのケガの原因になりかねません。

できればランニング・シューズは最低2足そろえることをオススメします。一般的に、一度履いたシューズのソール部分の機能が回復するには、48時間かかるともいわれています。毎日走る人ならば、一日おきに履き替える方が機能的にみてもベストです。また、シューズを長持ちさせるためには、日ごろのケアを怠らないことが重要です。脱いだ直後や雨に濡れた日は、湿気がこもらないよう風通しをよくし、使わない時は丸めた新聞紙などを入れて形を保ちましょう。ときにはヒモを外して、洗って下さい。それでも週1回走っている人で約1年ぐらいが寿命だと思います。

ちなみに、かなり昔に買ったシューズは、例えほとんど履いていなくても、クッション性やサポート性などの機能が劣化している可能性が高いので使わない方がいいでしょう。

の他のQ&Aを見る