Q&A

gear

中足部分のクッション性を高めたシューズが多くありますが、従来のカカト部分のクッション性を高めたモデルとどのような違いがあるのでしょうか?

さまざまな特徴を備えたシューズが登場しているのでシューズ選びに迷うランナーは多いのは事実です。そして、どのタイプを選択するのかを考えたときに重視したいのは、自分の走り方に合うシューズを選ぶことです。質問にあるような中足部にクッション性のあるモデルは、足の前側で地面を踏み込むフォアフット走法に向いているシューズです。いっぽう、カカトにクッション性のあるモデルは、カカト部分のサポート性にも優れており、カカトから着地する走法に向いているシューズです。

フォアフット走法は、代表的な例として短距離の選手にみられる走法ですが、長距離走においてもレベルアップをするためにフォアフット走法をすすめる声が出ているのも事実です。カカト着地では、カカトからつま先への体重移動が必要になりますが、フォアフット走法ではダイレクトに前足部で地面を踏み込めるというメリットがあるので、スピードアップを狙うランナーには大きなメリットのあるシューズといわれています。ただし、これはしっかりした走り方・フォームを身につけている上級ランナーの場合と考えています。

ただし、なんといってもカカトからなめらかに着地していくことがランニングの基本。とくに初心者ランナーをはじめとしたゆっくり走るランナーは、着地時の脚運びをしっかり身につける必要があるため、最初はカカトをしっかり守ってくれるシューズがいいでしょう。

の他のQ&Aを見る