ストレッチでヒザの調子を整える

コンディショニングクリップ

ストレッチでヒザの調子を整える

ランニングは体重の何倍もの負担が足にかかります。

その負担を和らげる働きをするのがヒザの動きです。

ランを楽しむためには日常での筋肉のケアが重要。

セルフケアを行って故障の無いランニングライフを楽しみましょう。

ハムストリングス&ヒザ裏のストレッチ

両脚を伸ばした状態で座り、両手でつま先をつかめるまで上体を倒します。

背筋を伸ばした姿勢で行うと効果的です。

この状態を10秒間キープします。

足首を90度に曲げて行うと、よりふくらはぎが伸びて効果的です。

 

ヒザ裏&ふくらはぎのストレッチ

片側の脚を内側に曲げて座り、伸びているほうの脚のつま先を手前に引きます。

この状態を左右10秒間ずつキープします。

足首を90度に曲げて行うと、よりふくらはぎが伸びて効果的です。

つま先に手が届かない場合は、足首辺りでも大丈夫です。

太モモのストレッチ

片側のヒザをつき、もう一方のヒザをたてます。

ヒザをついた側の足を手で持ち、身体に引き寄せます。

この時、前に踏み出している足とヒザの間隔を空けるようにしましょう。

この状態を左右10秒間ずつキープします。

後ろのヒザの位置は、骨盤より後ろになるようにしましょう。

安定した姿勢で行うことが大切なので、

支えを使ったり、横向きに寝た姿勢で行っても大丈夫です。

 

太モモのストレッチ

片側のヒザを折り曲げます。

足が腰の真横にくるようにしましょう。

この状態を左右10秒間ずつキープします。

伸ばした脚のつま先は立てるようにしましょう。

左右のヒザが離れないように意識してください。

 

ランニングは必ずヒザに負担をかけます。

短い走行距離でもサポーターの着用がオススメ。

ランニングフォームやヒザの動きを整えて楽しく走り続けましょう。

 

MODEL: KARINA TACHIBANA

COACH

プロランニングコーチ 内山雅博

プロランニングコーチ 内山雅博

内山走運動研究所代表。弊誌開催の「ビギナーランニング教室」をはじめ、さまざまなフィールドでランニング指導に携わる。「ランナーのお悩み相談100」(小社刊)など、ランニングに関する著書も多数

この記事をシェアする

Twitterでシェア Twitterでシェア Facebookでシェア Facebookでシェア

SUPPORT ITEMS

パテックス × X CW-X

パテックス 機能性サポーター ハイグレードモデル

パテックス × X CW-X

ワコール社との共同開発

パテックス機能性サポーター
ハイグレードモデル

人間科学研究から生まれた機能性コンディショニングウェアブランドCW-X独自の機能を採用。
動きにフィットして、ひざ・足首をしっかり守りながら、快適なつけ心地と動きやすさにこだわりました。

ひざのサポート力と動きやすさを追求!

足首&足裏のサポートに!