スポーツドクター 蔵本理枝子に聞く  ヒザの悩み 原因と対策vol.2 ~大腿四頭筋(太モモ)のストレッチ~

ドクタークリップ

スポーツドクター 蔵本理枝子に聞く ヒザの悩み 原因と対策vol.2 ~大腿四頭筋(太モモ)のストレッチ~

スポーツドクター蔵本理枝子先生に、ランニングにまつわるヒザの悩みの原因と対策をお聞きしました。

Q.1 走るとヒザのお皿の下が痛みます。どんなことが原因として考えられる?

太モモの前にある大腿四頭筋という筋肉はランニング時の着地の衝撃吸収を抑える役割があります。

この大腿四頭筋は、お皿とお皿の下の膝蓋腱を経て、スネの脛骨につながっています。
ランニングというのは、ジャンプ動作の繰り返しなので、そこに負担がかかるとお皿の下の膝蓋腱に炎症を起こしやすいのが特徴的です。

Q.2 症状の特徴は?

ランニングの着地時や走行後にお皿の下に痛みがでることが特徴的です。

また、お皿の上やヒザ前方全体に痛みを起こすもこともあります。

大腿四頭筋の柔軟性の低下や下肢のアライメント異常。
また、太モモの前後の筋力のアンバランスなどが原因になることがあります。
また、シューズの衝撃吸収能の低下や、ランニングフォームの異常なども原因になります。

Q.3  再発の予防策は?

まず痛みがある時は患部をしっかりとアイシングしましょう。

予防策ですが、まずは大腿四頭筋のストレッチや筋力強化が重要です。
また、フォームの改善や、シューズの見直し、インソールの使用なんかを考えてもいいでしょう。

ヒザテーピングは、大腿四頭筋の収縮を助け膝蓋腱の負担を減らす可能性があります。

テーピング構造を採用したサポーターなどのケア商品を取り入れてみるといいでしょう。

TRY 再発予防ストレッチ 〜大腿四頭筋のストレッチ〜

まず、足首を持って太モモの前を十分に反らします。

カカトがお尻に近づいていることを意識してください。

この状態を約 15 秒程続けましょう。

このとき、股関節が曲がっていると効果が弱くなりますので、しっかりここを伸ばしましょう。

太モモの前が伸びていることを確認して下さい。

余裕がある人は、前屈して十分に伸ばしましょう。

DOCTER

日本整形外科学会認定スポーツ医 蔵本理枝子

日本整形外科学会認定スポーツ医 蔵本理枝子

さまざまなメディアでスポーツと医療に関する情報を発信する傍ら、自らもトライアスロンやフルマラソン、ロードバイクなどを楽しんでいる

この記事をシェアする

Twitterでシェア Twitterでシェア Facebookでシェア Facebookでシェア

SUPPORT ITEMS

パテックス × X CW-X

パテックス 機能性サポーター ハイグレードモデル

パテックス × X CW-X

ワコール社との共同開発

パテックス機能性サポーター
ハイグレードモデル

人間科学研究から生まれた機能性コンディショニングウェアブランドCW-X独自の機能を採用。
動きにフィットして、ひざ・足首をしっかり守りながら、快適なつけ心地と動きやすさにこだわりました。

ひざのサポート力と動きやすさを追求!

足首&足裏のサポートに!