CONDITIONING for RUNNING 走るモチベーションを上げる、日々のコンディショニングCONDITIONING for RUNNING 走るモチベーションを上げる、日々のコンディショニング

日本の人気セレクトショップの一つである、「BEAMS」に勤める牧野英明さん。
現在はBEAMS公式オンラインショップの担当を務め、
幅広いユーザーに向けファッションカルチャーを発信するいっぽうで、
「BEAMS RUN CLUB」代表という一面も併せもつ。
そんな、仕事と趣味であるランニングをシームレスに楽しむ牧野さんに、
走ることの魅力や日頃のケア法について聞いてみた。

ランニングがあるから、毎日が楽しい

「ウエアとシューズさえあれば、体一つで走りに出かけられるのがランニングの魅力ですね。空いた時間に楽しく走るだけで、少しずつ目標タイムに近づいていく達成感が気持ちいいんです」。そう話す牧野さんは、〝サブスリー〟ランナーという実力者でもある。

「約10年前、初めてフルマラソンに当選したことをきっかけに走り始めました。それから、社内の走りたい人を集めて『ビームス走ろう会』(前身のクラブ)を立ち上げ、チームTシャツを作ったり、みんなでリレーマラソンに出場したりとランニングライフを楽しむようになりました。いまでは週6で走るほど、ランニングの虜になっています(笑)」(牧野)。平日は会社員として働いているため、途中下車からの20km帰宅ランなども取り入れているという。月間走行距離は300kmを超えることもあり、仕事でもランニングでもシームレスに着用できるウエアを選ぶように。「いつでも走り出せるような服や靴を身につけるようになりました。この服なら快適に走れそうだな、とかそんなふうにコーディネートを考える時間も楽しいですね」(牧野)。ランニングが中心にある日常が、牧野さんのライフスタイルとして定着しているようだ。

体も心もリフレッシュするために、
ボディケアは欠かせません」

「体も心もリフレッシュするために、ボディケアは欠かせません」

ランニングをケガなく楽しむために、そしてレースでベストパフォーマンスを発揮するためには、ボディケアも重要視しています。たとえば、走る前後には必ずストレッチを取り入れていますね。あとは、“汗ケア”。気持ちをリフレッシュさせたいので、ほてった体にひんやり気持ちいい「シーブリーズ」を活用しています。出社時やランニングステーションがないときなど、シャワーが使えないシーンで大活躍してくれます。汗のベタつきなども抑えてくれるので、ラン後のエチケットにも最適ですね(牧野)

そんな牧野さんに、日々のランニングを快適に楽しむために心がけていることを聞いてみた。「走った後には汗ケアも欠かせません。気持ちもリフレッシュさせたいので、ほてった体にひんやり気持ちいいシーブリーズを活用しています」(牧野)。とくに「アンティセプティック全身薬用ローション」は、牧野さんが中学生の頃から使い続けているという愛用品。ローションタイプで顔から体まで使えるため、全身のリフレッシュにもなるという。走って仕事をして、また走る、そんなライフスタイルを送る牧野さんにとって、気持ちの切り替えにもひと役買ってくれる存在なのだ。

最後に、今後の目標を聞いてみた。「目標はフルマラソンで2時間45分を切ること、そしていずれは2時間30分を切れるようなランナーになりたい。そして、これからもチームの仲間と楽しく走り続けることですかね。そのためには、トレーニングとケアをバランスよく行うことが大切だと思っています」(牧野)。

アンティセプティック全身薬用ローション

アンティセプティック
全身薬用ローション

汗をかいたあとのスキントラブルを防ぐ薬用ローション。
爽快なつけ心地で、ほてった体をクールに引き締めながら、あせもやニキビ、テカリ、肌荒れなどを予防する

□ オープン価格/容量:230ml
□ お問い合わせ
資生堂お客さま窓口 0120-81-4710

▼シーブリーズ ブランドサイト
http://www.seabreezeweb.com/

▼アンティセプティック 全身薬用ローションスペシャルページ
http://www.seabreezeweb.com/antiseptic/

ページTOPへページTOPへ